AI-MAILs - メディカルAI人材養成産学協働拠点 | 大学教育再生戦略推進費「保健医療分野におけるAI研究開発加速に向けた人材養成産学協働プロジェクト」

カリキュラム:ニーズドリブンAI構築/アントレプレナーシップコース

ニーズドリブンAI構築/アントレプレナーシップコース

デザイン思考を用いたプログラムにより、医療AIモデル開発の起点となる医療ニーズの明確化を実現するアントレプレナーシップ教育の人材育成コース。

miu.png

(MIUバナーより、バイオデザイン教育プログラムの内容をご覧になれます。※現在次回プログラムを準備中です。昨年度のセミナー内容はこちら。)

受講方法

OJT (On the Job Training)
本プログラムの担当教員が企業と行っている以下の7領域の医療AI開発共同研究のいずれか2領域に参画し、OJTで学ぶ。インテンシブOJTコースと異なりAIモデル開発を目的とはせず、OJTを通したデザイン思考の学修を目的とする。

7つの領域
  1. ゲノム医療コース
  2. 画像診断支援コース
  3. 診断・治療支援コース
  4. 医薬品開発コース
  5. 介護・認知症コース
  6. 手術支援コース
  7. 医療業務支援コース

受講生は、企業研究者や教官、エンジニアスタッフとチームを組んでAIに関するスクラム開発を行う。
学生はスクラムマスターを担当し、医療情報システム内に用意されたデータクローンによるサンドボックス領域でプロトタイピングを行う。2年時には教員からプロダクトオーナー権限を部分的に移譲され、プロジェクト自体の方向性や価値の決定に関与できるようにトレーニングを受ける。

修業年限

2年間~4年間
(スタンダードコースの履修を必須とする。スタンダードコースの同時受講開始も可能とする。)

履修認定

7領域のいずれか2領域において、企業とのデザイン思考型共同研究に参画し、提出資料(レポートとピッチ資料)のVCを含む企業協力委員3名の評価と事業運営委員3名の事業運営委員による30分間の面接により履修認定を行う。

履修科目等

以下の7OJTコースのいずれか2コースを選択必修とする(20単位)。
インテンシブOJTコースと異なりAIモデル開発を目的とはせず、OJTを通したデザイン思考の学修を目的とする。

  1. ゲノム医療コース
    分子ネットワーク予測、病態パスウェイ予測、発症リスク予測、SNV病原性予測、SNVスプライシング予測、トランスクリプトミクス、プロテオミクス、メタボロミクス、エピゲノミクス
  2. 画像診断支援コース
    CT/MRIによるマルチスライス画像処理、病理画像AI、OCT (Optical Coherence Tomography) 画像やハイパースペクトル画像等によるブロードスペクトラム(紫外~テラヘルツ光)画像処理、超音波画像等の医療動画処理
  3. 診断・治療支援コース
    システマティックレビュー(メタ解析)、予後予測信号処理(EMG ECG MEG EEG等)、RNN/LSTM等の時系列AI
  4. 医薬品開発コース
    フェノタイプ創薬、ゲノム創薬、クライオ電子顕微鏡、X線結晶構造解析法、ドッキングシミュレーション、ケムインフォマティクス
  5. 介護・認知症コース
    新城市を中心とした自治体の全面協力による産学官連携実地プロジェクトである「奥三河プロジェクト」参画による即時AIインプリメンテーショントレーニング、Eye-hand coordination detectionを用いた評価、介入 AIによる認知症予測、AIやIoTによる未病・健康センシングのプランニング~デプロイ
  6. 手術支援コース
    ヒトセンシングデータ処理、カメラ動画処理、音声AI解析、AR/VRによる出力系
  7. 医療業務支援コース
    医療従事者諸記録の自動化、IoTによる業務支援・機器管理AI技術開発、AI-RPA開発

修了者のキャリアパスイメージ・人材イメージ

医療従事者として、臨床業務に従事すると同時に、ニーズ探索型研究を主導し、デザイン思考に基づき、患者・医療ニーズ駆動形の医療AI開発をアカデミア・企業の情報学研究者と共同で、もしくは修了者単独で実装まで完遂できるアントレプレナー型人材。
企業VC型、スピンオフ型、カーブアウト型ベンチャーの設立を可能とする人材。

履修対象者

●医師・看護師・診療放射線技師・臨床検査技師・理学療法士・作業療法士・薬剤師の国家資格を持つ医療従事者
●将来もしくは現在、医学・医療・創薬・医薬機器・健康管理を専門とする非医療従事者(リカレント教育を含む)
●名古屋大学・岐阜大学・名古屋工業大学・名城大学・理化学研究所・連携企業に所属する方